誰かを心から愛おしいと思うならば、どんな形であれ、側にいたいと願うことは決して悪いことではありません。
不倫もその一つ。たとえ身を結ばないことが分かっていても、その人と一緒にいる時間が人生で一番輝けるならば。

しかし、それはぎりぎりの一線で、純愛の物語を紡ぐことになります。

この本は、妻子持ちの男性との恋について悩んでいる多くの女性に勇気と現実を与えてくれる一冊です。

不倫について後ろめたい気持ちは誰にでもあると思います。
それでも不倫を続けたいとき、本書に書かれている六つの不倫のルールを守ることで、その一線を保ち続けることが出来るかも知れません。

どうせ不倫するならば、思う存分に楽しんだほうがいい。
そう思うならば、その先にある壮絶な破局への覚悟を持っておきましょう。

たまにしか会えない不倫という関係はお互いにいいところしか見せないのです。
毎日一緒にいることになると優しくもなくなるし、魅力的に見えていたこともなくなるのです。

これは不倫が見せる幻想。お互いに幻想を幻想として認識しているのであれば、よい不倫関係が保てるでしょう。

不倫も恋愛の一つの形。不倫で苦しんでいる女性は本書を読めば、大分気持ちが楽になると私は思います。

「どうせこの人とはいずれ別れるのだから」という気持ちは常に持っておくべきです。


不倫のルール 一生懸命な恋は女を美しくする (大和出版) [Kindle版]
家田 荘子 (著)


不倫と復縁

復縁屋株式会社が、この不倫の方法について書籍を推薦するのは理由があります。
よさせられ様々な復縁相談、復縁工作のご依頼には、既婚者の方からの不倫されたという相談ともに、不倫相手と復縁したいと願う悲痛な相談もございます。

奥さんがいてもいい。ずっと愛してくれると言ってくれた。いつか別れてくれると。

そうした幻想に時間を費やした日々は、決して帰ってくることはなく輝いていた時代は一瞬で過ぎ去っていきます。
それでも、なんとかしたいと思うとき、我々が出来ることは、正しい現状を確認し、認識してもらうことの手助けです。

本当は何があったのか。相手がどう考えていたのかを調査・工作を通じて明らかにしていきます。

復縁セラピストM – 復縁屋株式会社