離婚の慰謝料騒動の実話を元にした四コマ風のコミックエッセイ。6人の実際の体験を取り上げて、慰謝料を獲得するための効果的な方法や裏技などを紹介していて、浮気や慰謝料に向き合った時の苦労や悩み、感情がどう変化していったのかをつぶさに表した人間ドラマにもなっています。

単に金銭の問題で片付くわけではないけれど、それでも慰謝料を取ることを選んだ理由とは何でしょうか。パートナーに疑念がある人はもちろん、自分には関係ない話だと思っている人も楽しめる一冊。テレビドラマ『慰謝料弁護士』の原作本でもあります。

コミカルなタッチの絵なので、非常に読みやすく入りやすい話ばかり。それでも内容は非常に濃く、驚きのエピソードが満載です。幸せで仲の良かったはずの夫婦が、裁判や弁護士を通して、お金を奪い合うことになるとは、誰が想像できるでしょうか。「やはり世の中、全てお金なのか」と疑ってしまいます。でもさすがに全ての夫婦がこうとは思えません。

離婚という最悪の結末を迎えないためにも、そしてお金で解決し合わないようにするためにも、こういった夫婦の成れの果ての姿を知ってくのもよいのではないでしょうか。いつかは自分の身に降りかかることかもしれないのですから。 


慰謝料上手にとれるかな KADOKAWA/エンターブレイン
うえみあゆみ (著)


恋愛と復縁

相手を思いやることは、復縁でも同然大切です。自分勝手の思いを相手に押しつけては、二人の関係は離れるばかりで決して交わることはありません。
大切な人を大切にすること、思いやることがとても重要で、基本的なことです。
復縁相談でも、復縁したいという気持ちを、復縁出来るに変えていくために、自分自身の過去と向き合いを相手との関係を見つめ直すことを行います。

相手が求めること。求めていなかったこと。そうしたことを理解して初めて、復縁への再開のスタートラインに立つことが出来ます。

復縁セラピーM – 復縁屋株式会社

No tags for this post.